University of Minnesota
Spark Festival of Electronic Music and Arts
sparkfst@umn.edu
myU OneStop


Spark Festival of Electronic Music and Arts

Submissions / Call for Works 応募作品/作品募集

  • Submissions 投稿

    Spark invites submissions of art, dance, theater, and music works incorporating new media, including electroacoustic concert music, experimental electronica, theatrical and dance works, installations, kinetic sculpture, artbots, video, and other non-traditional genres.

    Submissions are accepted in the following categories:

    • Installation+Visual Art
    • Composer+Performer
    • Night Life
    • Improvisation
    • Noise+Industrial
    • Theater+Dance
    • Works for Outdoor Public Spaces
    • Animation/Video
    While the festival provides technical support for the accepted works, we do not provide musicians. Submissions are therefore limited to works that are performed by the composer or by musicians/performers congregated by the composer.

    Spark receives submissions strictly through the online system. We encourage submitters to provide a URL to supporting audio/video media in the highest quality possible. In cases where high quality audio is not available online, file uploads are accepted (.wav or .aif, less than 128 MB in size). Video file uploads are not accepted.

    The submissions period has now ended. �Notifications will be sent by June 15, 2010.
    スパークは、芸術の提出を誘うダンス、演劇、音楽は電気コンサート音楽、実験的なエレクトロニカ、演劇やダンス作品、インスタレーション、キネティック彫刻、artbots、ビデオ、およびその他の非伝統的なジャンルを含む新しいメディアを組み込んだ動作します。 応募作品は、次のカテゴリに受け入れています: インストール+ビジュアルアート 作曲家+パフォーマー ナイトライフ 即興 ノイズ+産業 演劇+ダンス 屋外公共空間のための作品集 アニメーション/ビデオ 祭りは受け入れ作品の技術サポートを提供していますが、我々はミュージシャンを提供しない。応募作品は、したがって、作曲したり、作曲家で集まっミュージシャン/パフォーマーによって実行されている作品に限られています。 スパークは、オンラインシステムを通じて厳密に提出物を受け取ります。私たちは、提出者は、可能な限り最高品質のオーディオ/ビデオメディアをサポートするURLを提供することをお勧めします。高品質のオーディオがオンラインで入手できない場合には、ファイルのアップロードは、(。wavファイルまたは。AIF、128 MB未満のサイズは)受け入れられます。ビデオファイルのアップロードは受け付けておりません。 応募期間は今終了しました。通知は、2010年6月15日で送られます。

    中古品や不要となった新品や未使用品、商品券などの金券、美術品などの骨董品などの買い取りや販売を、許可を得て行う古物商は、商品の仕入れや商品の数量を調整するために、古物商どうしでも取引を行っており、その取引を行う場所を古物市場といいます。古物商を行うためには、古物商を行う場所を管轄する警察署に申請をして、都道府県公安委員会から古物商免許を得る必要がありますが、古物商どうしで古物を売買したり、交換するための古物市場を開催する場合には、古物商許可とは別に、同じく都道府県公安委員会から古物市場主許可を得る必要があります。古物市場主許可申請は、古物商許可申請に必要な会社や個人及び管理者となる人が、正常に存在していることが確認できる書類に加えて、複数の古物市場を開催する場合は、古物商市場ごとに市場を開設する場所や、市場の開始時間と終了時間、取引方法、手数料の支払い比率、参集資格、入会方法などを定めた規約と、古物市場に参集する古物商の名簿などが必要になります。古物市場主許可申請を行う場合は、古物商許可を受けている必要があり、また古物市場に参集できるのは古物商許可の内容が、自身の営業所の外でも取引を行うことができる「行商」となっている古物商だけに限られます。

    以前は、大手の運送業者では、最初は個人の集荷まではしてませんでした。そこの隙間をぬって、中小の軽運送組合組織では、つなぎ服の制服を作り、これまでねじり鉢巻きでやっていた運送スタイルを一変したのです。ユニホームでイメージを変えたわけです。そのことが切っ掛けで、荷主さんと運ぶ側の信頼感が芽生えることとなり、成績を上げている組合があちこちで出て来るようになりました。一人親方と言われる人の集まりの軽貨物運送業界を、仕切りながら、まとめるのは組合員としての自覚を一人い取りに持たせることが大切です。縁あって他人同志が集まっている組織を、強固なもにするにはユニフォームは良いアイデアでした。そのことで、お互いが運命共同体とした連帯意識が生まれることになりましたし更なる工夫として、会員が一件でも多くの表札を覚えて、それを組合の財産として共有することが大切あることを自覚させたのです。その結果として、組合会員は、お互いに仕事が終わった後は、情報交換をするようになり今日一日のエピソードや、荷物集配だけではなく、道路情報や、他の組織の情報までと多岐な話題で盛り上がり、組織が活性化していったのです。とかく、この業界は個人さえ良ければそれで良いという傾向があります。、軽トラックこそ路地から路地を走り回る宅配にとって好都合な車両はないことでは皆さんの共通認識がありますので、先進的な人の中には、自分達仲間で共同体を作り助け合っている仲間も出てきているようです。一人親方の一番の問題は、体調が悪くなった時に、仕事が出来ないことです。サラリーマンのように給料制という身分では無いので、仕事が出来ないと生活が出来ません。そんな時の為に、自分の仕事の分を仲間に手伝ってもらい、配達をして貰うのです。仮に一日100個の荷物を配達する場合には、5人の仲間に20個ずつ請け負ってもらうのです。一個当りの荷物単価は、双方で折半するやり方です。この仕組みを仲間でルール化することで、一人親方の軽宅配はやりやすくなったということですので、やはり組織から発展して、自分たちの使い勝手の良い新たな仲間内組織は評判がよいようです。

    パスポートの申請から受領までの日数は、その人がどのような状況でパスポートを申請したいと思っているのかによって、変わって来ます。例えば、新規申請においては、初めてパスポートを申請したり、有効期限が切れていたり、パスポートに変更時効が生じた人などが行うものです。 この場合のパスポートの取得にかかる日数は、神奈川県の場合でしたら申請日を含めて6日目に交付、ということになります。各地方振興事業所などでしたら、申請日を含めて9日目に交付になります。そして、切替申請という場合は、パスポートの残り有効期限が1年未満になった人や、ICパスポートではない有効パスポートを、ICパスポートにする人、有効パスポートを損傷した人などが行います。 この場合の、パスポートを取得するのにかかる日数は、県のパスポートセンターでしたら、申請日を含めて6日目に交付されます。そして各地方振興事業所の場合でしたら、申請日を含めて9日目に交付されます。 訂正申請の場合は、氏名が変更になったり、本籍地の都道府県名が変更になった時ですが、この場合のパスポートの取得にかかる日数は、県のパスポートセンターでは、即日交付されます。そして各地方振興事業所の場合は、パスポート申請日を含めて7日目に交付ということになるのです。状況により、パスポートを交付されるまでの日数は変わって来ますので、事前に確認が必要になります。

    行政書士が事務所を開設する時に、「行政事務所」または「法務・行政事務所」という屋号をつける事が多いようです。そもそも、行政書士は、他人の依頼を受けて報酬を得て、官公署に提出する書類を代行作成し、その他法律で守られた依頼者の権利・義務の手続き書類や事実証明に関する書類を代行作成する国が認めた専門家(国家資格)です。東京新宿のM&Aや事業承継も行う行政書士は、弁護士の交渉を必要としない手続きのみで法律効果(権利義務の発生・変更・消滅)が生じる法律事務と官公署に手続きを依頼するだけで法律効果が生じる行政事務の両方を行う事ができます。そのため「行政事務所」または「法務・行政事務所」と屋号をつける人が多いのでしょう。 高齢化が進み国を挙げて福祉行政に力を入れています。しかし、福祉関係の補助金や援助の依頼を当然に受ける権利を持っている人に国は手を差し伸べるのではなく、全て自己申告をして、自らが手続きをしなければなりません。この手続き書類を見ただけで、高齢者が理解できる内容で無いばかりか、新聞の字よりも小さい文字で視力の低下した高齢者に自己申告させるのはまず無理でしょう。しかし、高齢化が進んだ現在において、その子供達も50歳以上であることが多いのです。専門用語が多く、文字も小さく、難解な書類の上に、添付書類も多く、証明書類もたくさんあって、あっちこっちへと出向いて準備するだけでも大変です。しかも不備が1つでもあれば官公署は受け付けてくれません。 このような煩わしさを無くすためにも少しお金はかかりますが、行政書士のM&A東京都新宿の行政書士にお願いして丸投げしてしまいましょう。必要な書類も委任状を持参した行政書士が準備してくれます。どうしても本人が記入しなければいけない個所や本人でなければできない事も1度ですむように行政書士が事前準備をしておいてくれますので、煩わしさから解放されます。行政事務所の行政書士は書類を代行作成することのみで報酬を得ていますが、書類に関する法律には詳しいのですから、法律相談にも乗ってくれます。身近な生活の法律相談にも行政事務所の行政書士で十分なアドバイスはしてもらえますよ。

    平成20年の公益法人制度改革により、それまで不特定多数の人のためになる、公益性の高い事業を行う公益法人として設立された、従来の社団法人・財団法人に代わる法人は、新たな法律に基づき、公益社団法人・公益財団法人と呼ばれます。この制度では、組織の構成員への利益の分配を目的としない非営利目的の人や財産の集まりが、要件を整えて登記をすれば、一般社団法人・一般財団法人として、非営利法人が容易に設立できるようにし、そのなかでも公益性の高い事業を主として行う場合は、その公益性が高いことが認められれば、公益法人として、公益社団法人・公益財団法人に認定されるというものです。したがって、この公益法人を設立するためには、一旦、一般社団法人設立・一般財団法人を設立し、所轄庁である国又は東京都などに対して公益認定申請を行い、認定されれば、登記をして公益法人を設立することができます。また、従来の社団法人・財団法人は、この公益法人制度改革から5年間は、特例社団法人・特例財団法人として存続しますが、この特例社団法人・特例財団法人が、同様に公益認定申請を行い、公益法人を設立することも可能です。しかし、公益法人として認定されるためには、事業の内容は公益性の高い23の事業に限定され、所轄庁である国又は都道府県が18の公益認定基準に照らしあわせて、委員会や合議制の機関で議論して判断するため、認定されて公益法人を設立することは極めて難しいものとなっています。

    医療施設の法人設立には都道府県知事の認可が必要です。通称医療施設の法人を医療法人といいます。この医療法人の認可申請では、医療法人設立後2年間の事業計画を提出しなければなりません。 クリニックや診療所を開業していて、患者さんが多く流行っているのに、忙しさにかまけてそのままにしておくと、クリニック・診療所の利益も個人の資産の対象となり、院長がお亡くなりになった場合に相続の対象となって、クリニック・診療所が無くなってしまう可能性があります。そうなると患者さんが困ってしまいます。 そのため、利益の多いクリニック・診療所の場合は、医療法人にした方がお得です。医療法人にすると、院長個人と医療法人は社会的・法律的に独立した存在となります。そのため、もし院長がお亡くなりになっても相続の対象となりません。さらに医療器具の設備投資のために銀行に融資をお願いする時も院長の個人的な債務は考慮されません。 そのため、患者さんの多く流行っているクリニック・診療所は、医療法人設立を検討した方が良いでしょう。また、医療施設としての税務上のメリットを考慮しても社団法人や財団法人として医療法人設立した方が節税対策となるでしょう。 社団法人は資本金を出して都道府県知事の認可を得た医療法人で、財団法人は寄付によって集まった財産を資本金として都道府県の認可を得た医療法人です。 医療法人設立の方法は、まず理事3名と監事1名が必要です。理事のうち1人は理事長で医師・歯科医師でなければなりません。決まっているわけではありませんが、通常院長が理事長となります。また、監事には理事または医療法人職員でない外部の人でなければなりません。 医療施設を医療法人とするには、①医療法人の業務を行うに十分な資産を有すること、②医療施設に常勤の医師・歯科医がいること、③医療法で定められている「医療法人」の規定を満たしていること、都道府県知事の認可を受けていること、④法人登記を済ませていること、という4つの規定をクリアしている必要があります。 通常、「社団法人○○会 ××病院」「財団法人○○会 △△病院」といった病院名として法人登記されています。でも、医療施設としての「××病院」「△△病院」という名前が患者にとっては重要で、社団法人化財団法人かということは患者にとってはあまり関係ないことです。



    February 23rd, 2010 2010年2月23日